スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制起訴、来月25日以前目指す=JR歴代3社長について指定弁護士-福知山線事故(時事通信)

2010-03-31

 福知山線脱線事故で強制起訴が決まったJR西日本歴代社長3人の裁判で、神戸地裁から検察官役の指定を受けた弁護士3人が29日、神戸市内で記者会見し、事故から5年となる4月25日以前に起訴したい考えを明らかにした。
 神戸地検は、業務上過失致死傷罪での公訴時効は、事故で最も後に死亡した人が亡くなった4月30日との見解をとっている。しかし主任の伊東武是弁護士(65)は会見で「4月25日が時効と考えることもできる。ゆとりを持って起訴したい」と話した。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「福知山線脱線事故」
JR西、第三者機関で監視を=賠償交渉で遺族要求
歴代3社長を強制起訴へ=検察審査会が議決-JR福知山線脱線事故・神戸
元専務、遺族集会で謝罪=JR福知山線事故
重傷の近大生が卒業=「一日一日必死だった」

<寺放火>容疑の住職、詐欺未遂でも逮捕…埼玉県警(毎日新聞)
EXILE事務所1億円以上所得隠し 東京国税局指摘(産経新聞)
フラガールにも不況の波…養成学校が募集見送り(読売新聞)
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)
群馬県警で新発売“パトカーだるま”人気(産経新聞)
スポンサーサイト

【視点】「なぜ犯人」解明されぬまま(産経新聞)

2010-03-29

 菅家利和さんに無罪が言い渡された。しかし、菅家さんの求めていた“真実”は、解明されたのだろうか。

 「有罪判決の誤りを確認するために、必要な証拠を調べることは再審の枠内」との佐藤正信裁判長の指揮で、有罪の決め手となったDNA型鑑定と自白をめぐり、証人尋問が行われるなど、公判では、ある程度の実質的な審理が行われた。

 判決では、当時のDNA型鑑定の信用性を否定したうえ、自白も「虚偽」と認め、信用性を否定した。「菅家さんが犯人でない」ことは明白になった。また、再審のもう一つの重要な目的である「早期の名誉回復」も果たしたといえる。

 しかし、限られた時間の中、当時、菅家さんを取り調べた警察官やDNA型鑑定を行った技官、裁判官らの証人尋問は断念され、判決でも「虚偽の自白」を見抜けなかった構造に言及することはなかった。逮捕・起訴から刑が確定する中で「なぜ菅家さんが犯人とされたのか」という疑問は解消されないままだ。

 冤罪(えんざい)を防ぐには、足利事件の真相解明は避けて通れない。冤罪の経緯を精査し、公表する第三者機関の新設など法改正も必要だろう。真相解明を徹底して希求し続けることこそ、足利事件の残した教訓ではないだろうか。(是永桂一)

不明女子高生の遺体と確認=死因は水死-長崎県警(時事通信)
<障害者自立支援法訴訟>国と初の和解…さいたま地裁(毎日新聞)
看護師以外の医療スタッフの役割も拡大へ(医療介護CBニュース)
看護師を殺人未遂容疑で再逮捕=京大病院インスリン投与-府警(時事通信)
保育所待機児童4万6000人=昨年10月、過去最高-厚労省調べ(時事通信)

<九州新幹線>締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)

2010-03-26

 来年3月に全線開業する九州新幹線のレール締結式が22日、熊本市の熊本駅であった。これにより、既に開業している新八代以南と合わせ、鹿児島中央-博多間(257キロ)のレール敷設が完了。今年12月開業へ向けてレール敷設を終えている東北新幹線八戸-新青森間(81キロ)と合わせ、青森から鹿児島まで新幹線のレールがつながった。

 新八代-博多間は約129キロで、総工費は8920億円。3月末までに96%(予算ベース)の工事を終える。博多-新八代間には6駅が設けられる予定。【綿貫洋】

【関連ニュース】
新幹線つばめ:新800系を陸送 鹿児島
くまもとお城まつり:ミニ新幹線に子供の熱視線--28日まで熊本城周辺 /熊本
ブックカバー:鹿児島PR、新幹線始発駅のある大阪の書店で配布 県が作製 /鹿児島
菜の花:500万本、ただいま満開--新玉名駅前 /熊本
九州新幹線:軌間可変電車の開発難航で懸念 県、開業まで「時間ない」 /佐賀

【お財布術】「食材まとめ買い」編 保存方法をマスターしてこそ!(産経新聞)
小5長男の首絞め重体、容疑の母親逮捕(読売新聞)
記録的ヒットの『アリス~』を引っさげジョニー・デップが緊急来日!
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件-福岡県警(時事通信)
<火災原因>ライター火遊び4割が子ども 消費者庁など調査(毎日新聞)

NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理-原口総務相(時事通信)

2010-03-24

 原口一博総務相は19日の参院総務委員会で、国家公務員の天下り根絶に関し、民間非営利団体(NPO)や公益法人などへの出向を活用して各府省の職員の活性化を図る考えを示した。公明党の魚住裕一郎氏への答弁。現行制度では研究目的以外でこれらの団体へは出向できず、人事院規則などの改正が必要となる。
 公務員の身分を残したままの現役出向だと定年時まで退職手当を通算することもできる。政府は、NPOなどへの出向や早期勧奨退職を組み合わせた退職管理の基本方針を4月中旬にまとめる方針だ。 

【関連ニュース】
両院懇談会、4月1日以降に=自民
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
自殺報道の照会で陳謝=原口総務相
参院総務委への遅刻を陳謝=原口総務相

片山右京さんが仕事を再開 遭難の「ご遺族からも理解をいただいた」(産経新聞)
【医薬最前線】第1部 ドラッグ・ラグの行方(3)混合診療「なぜ自己負担」(産経新聞)
<合志市長選>荒木義行氏が初当選 現職を破る(毎日新聞)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
<みんなの党>参院比例に元全国小売酒販組合中央会長を擁立(毎日新聞)

大阪桐蔭ナイン ニュー甲子園初練習(産経新聞)

2010-03-20

 第82回選抜高校野球大会(21日から12日間)に出場する32校の甲子園練習が17日、始まった。

 午前8時半、広陵(広島)が先陣を切ってスタート。智弁和歌山(和歌山)、大阪桐蔭(大阪)など近畿勢も相次いで登場し、リニューアル工事を終えたグラウンドの感触を確かめた。大阪桐蔭はレギュラークラスが2度ずつ打席に入り、快音を響かせた。西谷浩一監督は「甲子園の土を踏み、気持ちが高まった」と話した。

 この日は16校が練習。18日は夏春連覇を目指す中京大中京(愛知)や優勝候補の東海大相模(神奈川)などが登場する。

【関連記事】
センバツ甲子園練習がスタート
“甲子園対決”ビール業界もヒートアップ
「城島ラーメン」できた!4月6日から販売
80年の歩み一挙に 「甲子園歴史館」オープン
基地の町から初センバツ 旋風巻き起こすか嘉手納
20年後、日本はありますか?

東ティモールPKOの川上氏急死(時事通信)
千葉法相、夫婦別姓の今国会提出に改めて意欲(産経新聞)
朝鮮学校、無償化見送りを=「思想教育を実践」-市民団体(時事通信)
<名古屋市>議会基本条例、全会一致で可決 市長は再議検討(毎日新聞)
橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席(産経新聞)

シー・シェパード元船長立ち合わせ実況見分(読売新聞)

2010-03-18

 反捕鯨団体シー・シェパードの元船長、ピーター・ベスーン容疑者(44)が、調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に侵入した事件で、海上保安庁は13日、横浜港に係留中の昭南丸にベスーン容疑者を立ち会わせ、実況見分を行った。

 12日に逮捕された後、東京・江東区の東京海上保安部の施設で一夜を明かしたベスーン容疑者は、午前9時過ぎに巡視艇で横浜港に向かい、約1時間後に昭南丸に乗り込んだ。

 ベスーン容疑者は先月15日、南極海で昭南丸に水上バイクで近づき、侵入防止用に張られた網をナイフで切って船内に入った艦船侵入の疑いが持たれている。13日の見分では、侵入方法や経路の特定などが進められた。一方、海保では乗組員からも当時の状況を聞いている。

【日本人とこころ】白川静と出遊(上) 漢字を読み解く知的冒険 (産経新聞)
プラス改定で「バックギアからフロントギアに」―邉見副会長(医療介護CBニュース)
医療ADR機関連絡調整会議、26日に初会合-厚労省(医療介護CBニュース)
「男は走りながらこちらを見た」 再現される凶行の様子(産経新聞)
「激痛が走り、のたうち回った」凄惨な証言に静まりかえる法廷 秋葉原殺傷(産経新聞)

築地市場移転、土壌汚染問題 都「無害化実験、8割成功済み」(産経新聞)

2010-03-17

 築地市場(中央区)の移転問題で、都が移転予定先の江東区豊洲地区で進めている土壌汚染物質処理実験の中間報告の内容が10日、正式に公表された。今回明らかになったのは全汚染土壌量の8割が対象になる実験の結果で、それによると、土壌汚染を環境基準以下に無害化することが可能だという。岡田至・都中央卸売市場長は「汚染問題が移転反対の大きな理由だが、実験結果が都民と業界の安心になるはず」と述べた。

 実験は1月下旬から実施。移転予定地で検出されたベンゼンやシアン化合物、ヒ素など7物質について、現地の16地点を選出した上で、実際の土壌を用いて複数の処理方法を試している。

 中間報告で明らかにされたのは、全汚染土壌量29万4千立方メートルのうち、49%を占める「シアン化合物、重金属、低濃度のベンゼンによる複合汚染土壌」と、32%を占める「油膜が確認できるベンゼンによる汚染土壌」を無害化する実験の結果。

 報告によると、環境基準値の4万3千倍のベンゼンが検出された地点では、中温加熱処理により環境基準以下に浄化できたほか、環境基準の62倍のヒ素が検出された地点と、170倍のシアン化合物が検出された別の地点では2回の洗浄処理で無害化に成功した。

 岡田市場長は10日の会見で、「専門家からなる技術会議から提案された『確実に汚染を除去できる技術と工法』の有効性が中間報告の結果によって改めて確認できた」と説明した。

 都は、高濃度のベンゼン汚染に有効な微生物処理と地下水処理について引き続き実験を行い、6月末までに最終報告を公表する予定。また、中間報告のデータを都中央卸売市場のHPで公開する。

認知症グループホームの消防設備を実態調査へ―厚労省など(医療介護CBニュース)
グループホームを一斉検査=7人死亡火災受け札幌市(時事通信)
<自殺報道>総務省、民放5社に内容問うメール送る(毎日新聞)
幻冬舎元局長、懲役4年判決 横領事件、東京地裁(産経新聞)
景況判断、9カ月ぶり上方修正=地域経済調査-経産省(時事通信)

非核三原則堅持を強調、外相が衆院外務委で(読売新聞)

2010-03-15

 岡田外相は10日午前の衆院外務委員会で、核兵器持ち込みに関する日米の「密約」が明らかになったことについて、「一時的寄港、領海上の通過は、日本は(事前協議の対象となる)持ち込みにあたるとの考え方は変えない」としたうえで、現時点で「実際に持ち込まれることはなく、問題は生じない」と述べた。

 非核三原則についても「鳩山内閣は見直す考えはない」と堅持する考えを強調した。

 外相は、米国が1991年、戦場での使用を目的とする戦術核兵器の艦船や航空機からの撤去を表明したと指摘し、他国からの核攻撃抑止を主目的とする戦略核兵器を搭載する潜水艦についても、「米本土の周りにいるのが基本で、日本に来ることはない。機種が特定できるので来れば分かる。米側に改めて確認する必要はない」と述べた。

<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)
二条城もネットで散策 グーグル画像公開サービス、32施設追加(産経新聞)
<雑記帳>センバツの東海大望洋にハバノリ贈る 千葉(毎日新聞)
<雑記帳>納豆の早食い世界大会…350gを30秒97で(毎日新聞)
民家全焼、親子4人死亡 夫婦の寝室に拳銃なぜ…(産経新聞)

臓器提供施設に小児医療施設追加を―厚労省研究班が報告(医療介護CBニュース)

2010-03-11

 7月に施行される改正臓器移植法で小児からの臓器提供が可能になることを踏まえ、厚生労働省の「厚生科学審議会疾病対策部会臓器移植委員会」(委員長=永井良三・東大大学院医学系研究科教授)は3月8日、厚労省研究班メンバーの横田裕行参考人(日本医科大大学院侵襲生体管理学教授)から「小児脳死下臓器提供施設にかかわる研究」について報告を受けた。報告では、現行の臓器提供施設に、高度な小児専門医療を包括的に提供している「日本小児総合医療施設協議会」の会員施設を加えることを求めた。

 現行の臓器移植法のガイドラインでは、脳死下での臓器提供施設について、▽大学付属病院▽日本救急医学会の指導医指定施設▽日本脳神経外科学会の専門医訓練施設(A項)▽救命救急センター―の「4類型」に限定されている。

 横田参考人は、小児からの脳死下での臓器提供が可能な施設について、▽高度救急医療が提供できる▽被虐待児に対する院内体制が構築されている―などの要件を挙げた上で、全国に約30ある「日本小児総合医療施設協議会」の会員施設を現行の「4類型」の施設に加えることを提案した。
 また、小児の法的脳死判定を担う医師については、脳神経外科医や神経内科医など現在の判定医に、小児の脳死判定について豊富な経験を持つ小児科の専門医を加えるべきとした。


【関連記事】
ドナーカードなどの意思表示方法で議論―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式で議論―臓器移植・普及啓発作業班
ドナーカードの様式変更案を了承―臓器移植委
臓器提供しない意思の確認、家族への聞き取りなど3点で
親族への優先提供でガイドラインを改正―厚労省

自宅のゴミの山に…母の遺体1年間放置 41歳「年金ほしさ」(産経新聞)
光GENJI元メンバー赤坂被告初公判 覚醒剤使用「間違いありません」(産経新聞)
児童虐待、家庭へ「強制立ち入り」可能に(読売新聞)
与謝野氏、谷垣総裁辞任を要求…新党結成も視野(読売新聞)
<RSウイルス感染症>終息気配なし 乳幼児持つ親注意を(毎日新聞)

# 【集う】日本ペンクラブ「子どもの本」委員会発足記念シンポジウム(産経新聞)

2010-03-09

 □2月5日、東京都渋谷区の東京ウィメンズプラザ

 ■「どの国でも手を握って話し合える」

 「飢えた子供の前で、児童書は何ができるのか?」

 日本ペンクラブが昨年設立した「子どもの本」委員会の発足記念シンポジウム「混迷する世界に、“子どもの本”の可能性とは?」の冒頭、作家の落合恵子さんが、フランスの哲学者、サルトルの問いを引用して挑戦的な問題提起の基調報告を行うと、パネリストたちは敏感に反応した。

 作家のひこ・田中さんは「人間は物語を必要とする存在である」と指摘した。

 「おなかをすかせて食べるものがなくても、せめて物語は聞かせてあげたいなと思うんです。難民キャンプにご飯と医薬品と一緒に、できれば物語も届けられたらと思います」

 終戦後の食糧難時代にもかかわらず、哲学者の西田幾多郎全集を求めて岩波書店に大行列ができた例を挙げ、「人間にとって活字がいかに大切なものであるかを証明した」と応じたのは、「ズッコケ三人組」シリーズなどで知られる作家の那須正幹(まさもと)さん。「子供の本はいま戦争を起こしている国に対しては無力かもしれないけど、次の戦争をやめさせるエネルギーはある」

 漫画家の里中満智子さんも、神話・伝説をはじめとする物語を求めるのは「人間の本能」と語る。「目の前のことには何もできないかもしれないけど、飢えた子供を救うための一握りの食べ物を作ることの大切さを知る、それが物語の力だと思います」と訴えた。

 今年9月には国際ペン大会が26年ぶりに東京で開催される。日本ペンクラブの阿刀田高会長は「政治体制、文化水準が大きく違う国と文学の話は難しいが、子供の本についてはどの国でも手を握って話し合える」と、国際交流の推進役として期待を込めた。(磨井慎吾)

鳥や牛の生肉で食中毒 ネットお取り寄せ人気で増加?(J-CASTニュース)
北教組事件 小林氏進退は道連に一任 小沢氏(毎日新聞)
奈良でコンビニ強盗、9万円とたばこ25箱奪う(読売新聞)
5月未決着なら内閣不信任案も=普天間移設で谷垣自民総裁(時事通信)
<お別れの会>中村昇さん=30日、京都市のホテルで(毎日新聞)

元生駒市長2審も実刑 背任・収賄で大阪高裁判決(産経新聞)

2010-03-08

 奈良県生駒市の総合スポーツ公園用地売買をめぐる背任・汚職事件で、背任と加重収賄の罪に問われた元市長、中本幸一被告(73)ら3被告の控訴審判決公判が2日、大阪高裁で開かれた。大渕敏和裁判長は、中本被告を懲役2年8月、追徴金1千万円(求刑懲役4年、追徴金1千万円)とした1審大阪地裁判決を破棄、懲役2年、追徴金1千万円を言い渡した。

 また、背任罪の共犯に問われた建設会社元社長、内海武正(62)、元取締役の小松秀次(66)両被告については、いずれも懲役1年2月(求刑懲役1年6月)とした1審判決を支持、控訴を棄却した。

 判決によると、中本被告は元市議会議長、酒井隆被告(67)=あっせん収賄罪などで1、2審実刑=らと共謀。平成15年12月、内海被告らが所有する生駒市内の山林を約1億3500万円で市土地開発公社に買い取らせて市に損害を与え、中本被告は謝礼として1千万円を受け取った。

電気機関車 EF510を公開 ブルトレけん引の新型車両(毎日新聞)
<鳩山首相>小沢氏と参院選に向け会談(毎日新聞)
漁業被害拡大18億円超える 津波発生から1週間(河北新報)
小野竹喬展 東京国立近代美術館で2日に開幕(毎日新聞)
<名古屋市議会>3選挙区を1人区に 市長が提案方針(毎日新聞)

ご当地検定 生き残り難題 240余が乱立 受検者軒並みダウン (産経新聞)

2010-03-06

 平成17年ごろから始まった“ご当地検定ブーム”が、受検者数低迷に直面している。大阪府池田市の「池田学検定」は受検者数が3分の1になり、7日の第3回で幕を閉じることに。各地で乱立ぎみの検定は総じて受検者数が減少し、「定番でのブームは去った」との指摘もあり、生き残りへ新たな知恵が求められる。

 池田学検定は平成20年3月に第1回を実施。検定に先立ち、市は地元の歴史や文化への意識を高めてもらおうと連続10回の講座を開講。70人が受講し、105人が受検した。しかし、第2回検定の受検者は47人と半減し、3回目の申し込みも28人にとどまった。市立歴史民俗資料館の田中晋作館長は「生涯学習の一環で、当初から検定ありきではない」とし、「受検者はよく学習していた。問題作成も大変だった」と話す。

 抜群のブランド価値でブームの火付け役となった京都検定も、受検者数の減少に見舞われている。第2回(17年)の1万2662人をピークに、昨年12月の第6回は1~3級合わせて5060人だった。大阪・茨木商工会議所の「いばらき何でも知っとこ検定」は17年、初回の受検者がわずか20人で、翌年から開催を見送っている。

 存廃の岐路に立っているのが、三重県四日市市の「ふるさと四日市検定」。3月27日に実施される第4回の申し込みは2月下旬になってもゼロ。5回目を行うかどうか近々決めるという。

 そうしたなか、検定にユニークな付加価値を取り入れたのが、宝塚歌劇団が監修する「宝塚歌劇検定」。3月28日に大阪と東京で始まり、申込者数は計約3400人の盛況ぶりだ。2回目以降に実施する1級に合格すると、SS席の観劇チケットがもらえる特典がある。同検定委員会は「宝塚歌劇の歴史、文化の掘り起こしに加え、ファン層の拡大を図りたい」と意欲をみせる。

 地域検定振興協議会(東京)によると、ご当地検定は全国で240あまり。協議会事務局は「検定の基本に立ち返り、どのような人材を選ぶのか議論がもっと必要」と指摘している。

<群馬たまゆら火災>理事長、施設長を起訴 業過致死罪(毎日新聞)
<津波>本州太平洋沿岸の津波警報を注意報に…気象庁(毎日新聞)
津波注意報、すべて解除(産経新聞)
<石川知事選>現職、新人の4人が立候補(毎日新聞)
首相動静(2月23日)(時事通信)

<天皇陛下>内井昭蔵回顧展を鑑賞 世田谷美術館(毎日新聞)

2010-03-05

 天皇陛下は26日、東京都世田谷区の世田谷美術館で開催している建築家、内井昭蔵の回顧展「『内井昭蔵の思想と建築』展-自然の秩序を建築に-」を鑑賞した。内井昭蔵は日本建築学会賞などを受賞し、天皇、皇后両陛下のお住まいである皇居・御所を設計したことでも知られる。02年に亡くなった。

 当初は皇后さまも同行する予定だったが、数日前からせきがあり、この日は熱もあったことから取りやめた。宮内庁によると風邪のようだという。

予算案が衆院通過=年度内成立へ-「政治とカネ」、なお焦点(時事通信)
小沢幹事長あて郵便物から銃弾?(読売新聞)
全国の書店を横断的に検索 「本屋の歩き方」4月1日に開設(産経新聞)
NCの借入金債務、独法化後に3割を承継(医療介護CBニュース)
再雇用拒否、2審も教職員敗訴=日の丸、君が代訴訟-東京高裁(時事通信)

チリ大地震、震源近くの邦人32人の無事確認(読売新聞)

2010-03-03

 岡田外相は2日午後の記者会見で、チリで発生した大地震の震源に近いコンセプシオンに滞在していたとみられる在留邦人33人のうち、32人の安全が確認されたと発表した。

 外務省によると、残る1人は男性の永住者で、被害に遭ったとの情報は入っていないという。一方、政府は2日、国際緊急援助隊医療チームの追加派遣を中止した。チリ側から「必要がない」として派遣を見合わせるよう要請があったとしている。

「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告(産経新聞)
小島ミカ
<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)
高校無償化、外交は考慮せず=朝鮮学校の扱いで-川端文科相(時事通信)
<浜岡原発被ばく事故>保安院が規定違反の中電を注意(毎日新聞)

<降雪日数>2月の東京都心、3位タイの10日 26年ぶり(毎日新聞)

2010-03-02

 東京都心で2月に雪が降った日数は10日で、月間の降雪日数としては1984年3月以来26年ぶり、観測史上でも3位タイの多さだったことが、気象庁のまとめで分かった。太平洋赤道域東部の海面水温が高くなるエルニーニョ現象などの影響で、関東の南海上を低気圧が頻繁に通過し、寒気が流れ込みやすかったことが原因だという。

 気象庁によると、都心で今年2月に積雪を観測したのは1日、2日(いずれも1センチ)、18日(0センチ)の3日。降雪日数10日は、統計を取り始めた1931年以降で同年2月の12日、52年2月の11日に次ぐ3位タイとなった。都心の今年2月の平均気温は、ほぼ平年並みの6.5度だった。【福永方人】

【関連ニュース】
首都圏・雪:水戸地裁、公判の開廷遅らせる
首都圏・雪:首都高新都心線で一時通行止め
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
大雪:車100台以上立ち往生 76人が避難 新潟市で

再雇用拒否、2審も教職員敗訴=日の丸、君が代訴訟-東京高裁(時事通信)
7億円超脱税容疑で弁護士ら3人逮捕 特捜部(産経新聞)
鳩山首相、ハーグ条約「早く道筋を…」(産経新聞)
お釈迦様もビックリ!! 「特大天井画」を寺院に奉納 山梨・市川(産経新聞)
子ども手当ては満額支給=鳩山首相(時事通信)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。