スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小沢氏進退焦点に=政府・民主内に辞任論(時事通信)

2010-01-22

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体の土地購入に絡み、秘書を務めていた石川知裕衆院議員が政治資金規正法違反容疑で逮捕されたことで15日、小沢氏の進退が焦点となった。党内からは世論の反発や野党の追及を考慮し、辞任は避けられないとの声も上がった。
 中堅議員は「小沢氏の説明が必要だ。それで国民に理解されないなら職を辞すしかない」と指摘。副大臣の一人は「政権へのダメージを考えれば、辞めざるを得ない」と語った。民主党は同日夜、高嶋良充筆頭副幹事長と細野豪志組織委員長が党本部で対応を協議。党本部を出る際、記者団がコメントを求めたが、ともに答えなかった。
 野党各党は小沢氏の責任を一斉に指摘しており、18日召集の通常国会で徹底追及する方針を改めて明確にした。政府・与党が守勢を強いられるのは必至だ。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「お騒がせ、率直に遺憾の意」党大会で首相(読売新聞)
「品性に欠ける」民主検察批判チームに自民大島氏(産経新聞)
<小沢幹事長>「個人で積み立てた」党大会で説明(毎日新聞)
大阪の居酒屋で猟銃発砲、3人が心肺停止(読売新聞)
ネット提言に関心=「まじめな提言多い」-鳩山首相(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。