スポンサーサイト

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺人 34歳女性と5歳長男死亡 刺された傷…京都(毎日新聞)

2010-05-01

 23日午後8時ごろ、京都市伏見区竹田三ツ杭町の市営竹田住宅の一室で、住人の中西真澄さん(34)とその長男(5)が血を流して死んでいるのを、滋賀県内に住む中西さんの父親と、通報を受けた警察官が発見した。2人には刺された傷があり、京都府警伏見署が殺人事件として捜査を始めた。

 同署などによると、中西さんは夫(30)と小学3年生の娘(8)の4人家族。娘は同じ市営住宅の別の住民の部屋にいて無事だったが、夫の姿がなく、同署などが捜している。

「ヤケかと思ったが、殺気を感じ…」事件当時の恐怖語る目撃者 秋葉原殺傷第7回公判(産経新聞)
ぞうきん無断で燃やした女逮捕 尼崎、周辺で数十件発生(産経新聞)
ダイハツ、プロパーの三井取締役が代表権を持つ副社長に就任(レスポンス)
来月4日に沖縄訪問で調整=鳩山首相(時事通信)
【from Editor】女性飛行士ふたりの「手紙」(産経新聞)

<石綿>中皮腫死の教員に労災認定 学校での被害認定は初(毎日新聞)

2010-04-24

 滋賀県内の公立小に勤めた男性教諭が中皮腫で死亡したのは体育館の天井から飛散したアスベスト(石綿)を吸ったためとして、遺族が公務災害認定を求めていた事案で、地方公務員災害補償基金審査会(中央審査会)が先月、教諭の疾病は公務に起因する公務上災害だと認定する裁決を行っていたことが分かった。遺族側の弁護士らによると、教職員が学校でのアスベスト被害で公務上認定を受けるのは全国初。

 裁決書によると、男性は73年から3年間、旧甲西町(現湖南市)の町立岩根小で体育を教えた古澤康雄さん。01年秋に悪性胸膜中皮腫と診断され、翌年4月に56歳で死亡した。妻弥恵子さん(61)は05年、同基金県支部に公務災害認定を請求したが、支部は「体育館は新しく、石綿が散乱する状況ではなかったし、体育館での勤務時間も限られていた」として「公務外(公務に起因しない)」と認定。審査請求(不服申し立て)を受けた県支部審査会も追認し、弥恵子さんが審査会に再審査を請求していた。

 中央審査会は3月29日付裁決で、体育館は使用頻度が高く、天井にボールが何度も当たり、相当量の石綿が飛散していた▽床に落ちた石綿も再飛散していた▽住居や近隣で石綿は使われていなかった▽男性は体育担当で体育館に長時間滞在していた--などと判断。古澤さんの疾病は同校体育館における勤務を通じて石綿にさらされたことが原因と認定し、支部と支部審査会の判断を取り消した。支部は近く、裁決に従って公務上災害と認定する。

 遺族を支援する大阪じん肺アスベスト弁護団の山上修平弁護士は「教職員の石綿被害問題に突破口を開く画期的な裁決。石綿は1960~70年代に多くの学校で使用されており、当時の教職員や子どもたちにも今後、発症の可能性がある。その場合に適切に対応できるよう、国は早急に対策を取るべきだ」と話している。【安部拓輝、南文枝】

【関連ニュース】
街かど:アスベスト被害者の会発足へ /京都
トーヨーボウル:廃虚10年…ヤオマサが取得、解体へ 解決に道筋--大井 /神奈川
アスベスト:久里小と西唐津中、竹木場公民館から検出--唐津市 /佐賀
アスベスト:「石綿で肺がん死」遺族が会社を提訴 配管工事で現場監督 /大阪
アスベスト:きょう被害電話相談--建交労県本部など /香川

<Rikejo>理系女子を応援 先輩に悩み相談も 携帯、PC、会員誌も 7月から講談社(毎日新聞)
明石歩道橋事故、元副署長を20日に起訴(読売新聞)
偽装献金事件 首相「来週にはすべて決着」(産経新聞)
<全国町村会>新会長に藤原・長野県川上村長を選出(毎日新聞)
首相の徳之島入り「視野」=進退論発展に否定的-官房長官(時事通信)

5月決着あくまで目指す=普天間、政府案は未決定-鳩山首相(時事通信)

2010-04-21

 鳩山由紀夫首相は20日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関し、北沢俊美防衛相が「5月決着」の先送りもあり得るとの見通しを示したことについて「まだ、あきらめの声とは思っていない」と述べ、あくまで5月決着を目指す考えを強調した。
 また、滝野欣弥官房副長官がヘリ部隊の移転先として検討する鹿児島県・徳之島の3町長に電話したことに関し、「どのような思いで滝野副長官が電話したか分からないが、まだ政府案がまとまっている段階ではない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
社会保障改革に立ちはだかる「既得権益層」
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ

<京急線>生麦駅でぼや、5万人に影響 線路歩く乗客も (毎日新聞)
インクレチンとSU薬の適正使用で勧告―日糖協(医療介護CBニュース)
堺1歳死亡 同居男「何度も暴力」 3病院、児相へ通告せず(産経新聞)
<航空トラブル>エアカナダ機が2度も緊急着陸 成田空港に(毎日新聞)
太陽光促進など重点=規制改革分科会(時事通信)

<高速料金制度>民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈(毎日新聞)

2010-04-17

 前原誠司国土交通相が6月から実施すると発表した高速道路の新たな上限料金制度に対し、民主党の川内博史衆院国土交通委員長が公然と異を唱えた。川内氏に対しては「理解に苦しむ」(平野博文官房長官)、「与党だと自覚して委員会運営にあたるべきだ」(平田健二参院国対委員長)などの苦言も相次ぎ、政府・与党内の足並みの乱れが再び露呈する事態となった。

 川内氏は16日、前原氏と国会内で会い、新料金制度について「大多数の人が値上げになり、再考を要する」と伝えた。川内氏はその後、記者団に「党側に何ら相談なく発表された。まだ制度は『案』だ」と強調した。

 前原氏は今月9日、曜日を問わず普通車は上限2000円などとする新制度を発表。現行の「普通車休日上限1000円」などの枠組みは廃止され、近距離中心の利用者には値上げとなる。政府は従来の割引用財源1・4兆円を道路建設に転用する道路整備事業財政特別措置法改正案を国会に提出。川内氏が委員長を務める国交委は法案審議の場となる。

 新制度は法案には含まれていないが、川内氏は記者団に「国会でやるべきことが出てくるかもしれない」と法案の付則修正などで割引水準の維持を政府側に求める考えも示唆。15日の国交省政策会議で「新制度は良くない。このままなら法案審議が滞る」と警告する発言も行い、同調意見も出たという。

 背景には、衆院選マニフェストで掲げた高速道路無料化と矛盾していると批判されることへの不安がある。馬淵澄夫副国交相は16日夕、国会内で佐藤公治副幹事長ら小沢一郎幹事長側近に新制度を説明したが、参院選への悪影響を考慮し、運送業者向けの激変緩和措置拡充など、制度修正の可能性も出てきた。

 鳩山由紀夫首相は16日、記者団に「土日だけでなく毎日同じ(割引の)シンプルな制度に変える方向性は間違っていない。川内氏も若干誤解がある」と強調した。【坂口裕彦、大場伸也】

【関連ニュース】
高速道新料金:夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ
高速料金:エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
記者の目:高速道路「上限2000円」の新料金=位川一郎
社説:高速新料金 無料を掲げ値上げとは

<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)
<小澤征爾さん>8月の長野・松本公演も降板(毎日新聞)
<中国電力>部長が自殺 島根原発調査担当(毎日新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
ルックスだけで23年!KANが最新アルバムの裏側を語る

中国、日本人死刑囚の刑執行を6日に延期(読売新聞)

2010-04-12

 【大連(中国遼寧省)=大木聖馬】日中関係筋は5日、中国遼寧省大連で麻薬密輸罪で死刑判決を受けた赤野光信・死刑囚(65)に対する刑執行が、6日に延期されたと明らかにした。

 中国は先月29日、4月5日にあたる「7日後」の執行を日本側に通告していた。中国側は延期理由を説明していないが、関係筋によると、家族との面会直後の刑執行を避けた可能性が高いという。

外国人看護師研修 15%が「指示伝達に支障あり」(産経新聞)
河村名古屋市長 応援団長に俳優の菅原文太さん(毎日新聞)
AKB48の偽造握手券出回る=少年2人「男から受け取った」-警視庁(時事通信)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
<超高温・高圧>地球中心部に匹敵…海洋機構などが世界最高(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。